IRUD(未診断疾患イニシチアブ)について

 IRUDとはInitiative on Rare and Undiagnosed Diseases(未診断疾患イニシアチブ)の略で、日本医療研究開発機構(AMED)の推進する研究として行われます。
 IRUDでは日常の臨床現場で診断をつけるのが難しい患者さんを対象として、次世代シークエンサーと呼ばれる機械を用いて、遺伝子を幅広く調べる検査を行います。そして検査から得られたデータと患者さんの情報を総合し、患者さんが少ない病気や新しい病気の原因解明と診断を行い、治療を届けることを目的としています。
 IRUD には小児を対象とした IRUD-P(小児希少未診断疾患イニシアチブ)と、成人を対象とした IRUD-A があります。当院は IRUD 高度協力病院として、小児の患者さんのみでなく診断が難しい成人の患者さんのご紹介を受け付けています。


 IRUD-P(小児希少未診断疾患イニシチアブ)についての詳しい説明はこちらをご覧ください。


   IRUD-P 研究班ホームページ


   IRUD-P リーフレット(PDF) (国立研究開発法人 日本医療研究開発機構:AMED)


   IRUD 未診断疾患イニシアチブ

研究への参加について

患者さんとご家族の方へ

 当院での研究への参加を希望される方は、かかりつけの先生にご相談の上で、「診療情報提供書」の作成と当院への問い合わせをお願いしてください。

かかりつけの医療機関の方へ

 当院での研究への参加を希望される患者さんがいらっしゃる場合には、紹介用の書類(「診療情報提供書」および「コンサルトシート」)に必要事項を記入の上で、下記のお問い合わせ先までご連絡ください。


  書類のテンプレートはこちらからダウンロードできます。
    IRUD-P 診療情報提供書及びコンサルトシート(金沢大学).xlsx(※下記参照)
    IRUD-P 診療情報提供書及びコンサルトシート(金沢大学).pdf
    ※電子版では、1ページ目に記入すると自動的に2ページ目以降に反映されます。

お問い合わせ先

金沢大学附属病院IRUD診断委員会事務局
メールアドレス:irud-a@med.kanazawa-u.ac.jp
電話番号: 076-265-2313(小児科)